マンションを年金として|資金繰りが楽になる|割引のあるでんさいに申し込んでみよう

資金繰りが楽になる|割引のあるでんさいに申し込んでみよう

婦人

マンションを年金として

お金と電卓

負担も少なく投資可能

公的な年金は、貰える額も限られてきます。企業年金や厚生年金をプラスしても、老後の生活を支える上では不安に感じる人も多数います。一般的な年金で老後の生活を支えられない場合、役立つのが私設年金です。私設年金は自分で老後のために準備しておくものです。私設年金として利用できる投資方法として、マンションの経営が挙げられます。マンションの一室を保有しておくことで、人に貸して不労所得を得ることもできます。また歳を取ったときに利用する不動産としても活用することができます。ローンを組んで購入すれば、負担としても多くならないことが不動産経営の魅力でもあります。私設年金を用意しておけば、公的年金以外の収入を得ることが可能になります。

予算に応じた運営を

私設年金は、特に何らかの決まりがあるわけではありません。自分で貯金をしておくのも投資の一種ですし、投資信託などを利用するのも良いでしょう。ただし年金として活用するためには、ある程度の利回りを得ることができた方がより生活の安定につながります。マンション経営などの不動産投資は、用意する額も大きい分リスクも少ないことが特徴的です。年金としての活用も考えれば、早いうちから投資を行っておくことも必要になります。不動産会社に相談すれば、適切なプランを案内してくれますので利用してみましょう。予算に合わせた経営を行うこともできますし、ローンの年数などの資金計画についても合わせて考えてくれます。都市部のマンションを選べば更にリスクも減ります。